Mother Earth tours & travels

新年のご挨拶と閉業のお知らせ

謹んで初春のお慶びを申し上げます。今年も皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

Mother Earth tours & travelsは3月をもって閉業させていただくことになりました。今後、主人は別事業に力を注いでいく所存です。そして、私はセラピストとして益々精進していきたいと思っています。

元僧侶の主人と、仏教哲学好きの私がラダックで旅行業を営み、日本人のお客様方にチベット文化圏をご案内してきた年月は、人生のなかのかけがえのない時間でした。何度もリピートしてくださったお客様方をはじめ、弊社をご利用くださったすべてのお客様方に、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

私共が旅行会社を経営できたのも、ラダックの第一人者である山本高樹さんの様々なサポートがあったゆえです。この場を借りて、厚く御礼申し上げます。

世界全体がそうであるように、ラダックも大きな時代の変化の中にあります。私が初めてラダックを訪れた20年前と今では、ラダックも随分変わったといえます。でも、人間の本質はいつの世も何処にいても変わることはありません。ラダックを訪れたら、雄大な自然や歴史ある寺院のなかで静かに深呼吸し、厳しい自然の中で生きてきた、いにしえの人々の想いに心を重ねてみてはいかがでしょう。今どきのラダックも楽しみつつ……。そして、ラダックへのご旅行が皆様にとってかけがえのない素晴らしい経験となりますことを祈り続けています。

Mother Earth tours & travels 寺下裕子

IMG-20181218-WA0010

2018年12月 アンダマン諸島に旅行しました。

IMG-20181218-WA0024 (1)

海がとてもきれいでした。娘と。

休業のお知らせ

Mother Earth tours & travelsのホームページをご覧いただきありがとうございます。
昨年は、主人は別事業の拡大に力を注ぐため、そして私はセラピストとしての幅を広げるため、旅行会社をお休みさせていただいておりました。また引き続きお休みをいただき、それぞれの道に邁進することになりました。
私は旅もひとつのセラピーだと考えております。旅を通して本当の自分に帰る、自分の軸に戻る…そんなツアーを提供できる日を夢見て、夫婦共、更に成長する期間にしたいと思っています。
ラダックを訪れる皆様のご旅行が、安全で思い出深いものでありますように!

Mother Earth tours & travels
寺下

FB_IMG_1515844782216
2018年1月 奈良 東大寺にて

2017年度の休業について

Mother Earth tours & travelsのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

弊社は例年夏期にラダックのレーにて旅行会社を営業しておりますが、今年は私・寺下が事情で日本に滞在することとなったため、本年度は旅行会社をお休みさせていただくこととなりました。ご旅行のお手伝いができず申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいませ。なお、夏に短期でラダックに行く予定がありますので、現地でお会いできることもあるかもしれませんね。

息づくチベット仏教、美しい大自然……、魅力あふれるラダックの旅をお楽しみください。皆様のご旅行が素晴らしいものとなりますように! また来年以降、よろしくお願いいたします。

Mother Earth tours & travels
寺下

新年のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中は格別のご厚情を賜りましたこと、心より御礼申し上げます。2017年も皆様にとって素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。これからもお客様方に喜んでいただけるサービスを提供できるよう、更に精進していく所存です。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

メールでのご連絡・お問い合わせには、1月4日以降にご返信させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

2017年元旦

Mother Earth tours & travels
ツェワン チンレイ
寺下裕子

2016年度もありがとうございました

Mother Earth tours & travelsのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
私・寺下は無事日本に帰国いたしました。少し休んだら、例年通り日本での仕事に精を出したいと思います。主人のツェワン チンレイも別事業のほうが忙しい時期に入り、現在ラダックのあちこちを飛び回っております。
今年のシーズンも、たくさんの素敵なお客様方との出会いがありました。弊社をご利用くださったお客様方、ありがとうございました。心より御礼申し上げます。
今後とも、Mother Earth tours & travelsをよろしくお願いいたします。

寺下

Return to page top